JUGEMテーマ:富士山 

そういえば、24時間テレビが行われていた8月24日25日と黒猫も富士登山してました。

もしかしたらいもとさんに会えるんじゃないかとわくわくしてたんですが、全く時間帯が違ったようで会えませんでした。


さて。

黒猫登山チームはですね、クラブゲッツさんのガイド付きツアーで行ってまいりました。

今回は、吉田口、富士スバルラインからの登山です。
朝の7時に新宿集合でバスで出発し、昼頃に富士山5合目につきます。


その時点で結構雨が降っていたし、ごはん食べたり、レンタル借りたり着替えたりしてたら全然時間に余裕がなくて写真の一枚も取れませんでした。



さて。
上記した通り、あいにくの天気で出発する前から小雨が降ってました。


5合目の時点でレインウェアを着込み、出発です。


ガイドさんにしたがって、ゆっくりと登っていきます。


高山病になるような高い山では進むペースが大事なんだなって思いました。

結構、個人で行けれてる方も多かったと思いますが、上るスピードが速いんですね。
若い方は得に。

体が慣れないうちにがしがし高度を上げていったり、体を激しく動かす事によって動機が激しくなり疲れやすくなるんだとか。

なるべく体を動かさず、のしのしと歩く。
体をならすようにゆっくり一定のペースで歩く。
呼吸は鼻から深く吸って、口から吐く。

のが良いのだそうです。


さて。
雨が降ったりやんだりで、麓には虹も見えます。

虹


これ、結構絶景でした。

途中、雨が止んで少しだけ晴れ間が広がり麓の山梨県が綺麗に見えてました。

もっときれいに晴れていると、スカイツリーなんかも見えるらしいです。


山梨


湖も綺麗に見えていました。


8合目の山小屋につくころには、あたりは暗くなってきていました。
今回は1泊のツアーなので8合目の白雲壮にお泊りです。


山小屋ではなんと!
ハンバーグ付きのカレーが食べられましたー♪♪


カレーを食べたら、そろそろ就寝です。

その前に私はおトイレついでに夜景をみに外へ。

ちなみに富士山のおトイレはチップ制でだいたい200円を払います。
5合目のおトイレは50円でした。


あたりは真っ暗で、下からライトをつけて上ってくる人々の群れが。
麓では人家の明かりが綺麗な夜景を彩っていました。


さて、山小屋での寝床ですが。
こんかいの黒猫チームは5人編成だったのですが、5人が気を付けの姿勢でやっとはいれるくらいのスペースしかありませんでした。
ので、みんなで縦に並び寝返りを打つことなく棒になって寝ます。

起床時間は午前13時だったかな。

15分で着替えをして、真っ暗のなかヘッドライトの明かりを頼りに頂上を目指します。


黒猫は寝て起きたら頭痛がしてました。
高山病なのか、ザックの重みによる肩こりなのか、はたまはた1年ぶりにつけたコンタクトレンズのせいなのかはなぞです。

ただ、下界に戻ってからも頭痛が治らなかったのでもしかした高山病ではなかったのかもしれません。


8合目、9合目は岩の上を進んでる感じでしたねー。
8合目までは、土や砂利(?)の上をザクザクあるく感じだったのですが、9合目はほとんど岩だったと思います。

這うようにごつごつした岩をよじ登り、やっと頂上です!!!

しかし、酷い雨風。

まわりは何も見えません。
気温も低く、息が白くなります。

頂上では、集合写真を撮りましたが、雨がひどすぎで全体的に白っぽい写真になってしまいました。。。



さて。
山頂の山小屋で、800円のトン汁と8合目の山小屋でもらったお弁当をむさぼり食い、下山の時間まで寒いなかひたすら待ちでした。

これが晴れていたら景色を見たり、お鉢めぐりをしたりとかできるんでしょうが、今回は天気が歩く、景色どころか1メートル先にいる人の顔も見えない。
危険なので、お鉢めぐりどころか火口には近づくな!
と、言われる始末。


ひたすら寒さに耐え、下山の時間を待ちました。



さて。
下山ですが、3,4時間くらい須走をごりごり降りて終了です。


下山が一番足に来ましたね。
筋肉痛です。



登るのはすごく楽しいのに、降りるのは面白くないんですねー。
後片付けみたいな気分ですもんね。


帰りは、赤富士の湯へいき、温泉に入って体を温め、バスで爆睡して帰ってきました。


やー。
あいにくの天気だったけど楽しかった!


今度は晴れた日にまた上りたいですね。


登山にはまりそうです。
違う山にも挑戦したいです。


ではー。
コメント
コメントする