0の奇跡

  • 2013.08.14 Wednesday
  • 22:04
JUGEMテーマ:百田尚樹 

こんばんは、黒猫です。
本日は黒猫が読んだ本について紹介したいと思います。

本を読むのが好きなので、これからもちょくちょく紹介していきたいと思います。

ただし、ネタバレありかもです。



この本は、主人公の祖父「宮部久蔵」さんの正体を調べていくというミステリー小説です。



 この物語の焦点となっているのは、太平洋戦争で海軍に所属していた宮部久蔵というゼロ戦のパイロットです。


当時のゼロ戦パイロットがどんなだったか、宮部久蔵とかかわりのあった人たちに話を聞いていくうちに明らかになっていきます。

宮部久蔵は生きたかった。

生きて、奥さんとまだ写真でしか見たことのない娘に会いたかった。

なのに最後は神風特攻隊として敵空母に突っ込んで死んでしまいます。


ずっと死なない為の訓練をし、最初は特攻を拒否していた久蔵さんですが、終戦間際には自ら特攻してしまうほどに追い詰められていた。



そうまで人の心をむしばんでしまう戦争と、日本という国の体制というか、誤った精神にただただ悲しくなるばかりですね。


現在の日本は平和なようで、このころのような精神というか、体制はあまり変わっていないのかなって思います。


ハッピーエンドとはいいがたいストーリーですが、いろんなことを考えさせられる一冊です。


ぜひ読んでみて、戦争について、日本という国について考えてみるのもいいと思います。



それではおやすみなさい。
コメント
百田さんはリアルな作品を書かれているだけに僕は悲しみや怒りなど抱きました。
僕なんてガキだけど「愛」についても考えさせられたね。
永遠の0の映画楽しみですね!!
  • 49
  • 2013/09/01 10:34 PM
コメントありがとうございます。
悲しみ、怒り、愛、いろんな感情がおりまざる作品でしたね。
宮部さんはどんな思いで海軍に所属し、いつ死ぬかもわからぬ身で結婚をしたのだろうか。
どんな思いで戦地で家族の写真を見ていたのか。

映画も気になりますね。
原作に忠実な内容だといいのですが。。。
  • 黒猫
  • 2013/09/02 12:42 AM
コメントする








    

selected entries

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM